業務用エアコンの種類と選び方をわかりやすく解説するサイト『業務用エアコンの選び方』

●●●大規模型●●●

【ダクト形】

室内機を天井裏に埋込み、本体からフレキシブルダクトやキャンバスダクトなどで吸込口と
吹出口をつなぎ、天井に設置するタイプです。
吹出口を本体から離して設置できるので、多様なレイアウトの部屋に対応できます。
また高性能フィルターやロングライフフィルターを併用することができ、自然気化式加湿器
の取付も可能です。
短所としては、天井内部の状況(梁・柱等)によっては施工出来ない場合がある、工事費用が
他の形状より割高になってしまう、などがあります。

【冷暖自由個別運転マルチ】

ビルなどで使われているシステムで、ある部屋は冷房、またある部屋は暖房という様に冷暖房
混在運転ができるシステムなどがあります。
室内機は天井埋込カセット形が一般的です。

【氷畜熱ビル用マルチ】

夜間に蓄積した氷を昼間の冷房運転時に利用し、ピーク時の消費電力を大幅に低減させます。
冬の暖房時は、夜間電力で作った温水を除霜に利用することで快適な暖房を行います。

【ガスヒートポンプエアコン】

主にプロパンガスを燃料としてエンジンを駆動させ、コンプレッサーを運転します。
それによって空調時の電力負荷を大幅に削減することが可能とします。
ガスヒートポンプエアコンは霜取り運転が不要なため、暖房を中断する不快な冷風感もなく、
連続暖房運転が可能です。